hiromichiの記事一覧

  1. 質屋が解説「鑑定書と鑑別書」

    「鑑定書」とはダイアモンドのグレーディングレポートです。鑑定書=ダイアモンドの※4Cの検査結果が記入されています。ダイアモンドにしか発行されません。ダイアモンドのランク、品質保証書です。

    続きを読む
  2. 「質屋の隠語」 ってご存じですか?

    「質屋の隠語」 ってご存じですか?詳しくはこちらから質屋(しちや)は質店(しちてん)・質舗(しちほ)ともいいます。英語ではポーンショップ(PAWN SHOP)といいます。日本の質屋の起源は鎌倉時代といわれ、消費者金融が台頭してくるまでは庶民金融の主力でした。

    続きを読む
  3. ブランド品 買い取り査定ポイント

    査定ポイント煙草の匂い、取っ手の汚れ具合、金具の汚れ、四隅のすれ具合と劣化、全体的な汚れ、シミ査定金額が不満な場合やご納得いただけない場合等、その場で返品いたしますのでご安心ください。買取が成立しなかった場合、査定料は一切発生いたしません。ご遠慮なく係の者に、その場でお伝えくださいませ。

    続きを読む
  4. 日本の質屋の歴史

    広辞苑で質屋を引くとしち‐や【質屋】質物(しちもつ)を担保として質入主に金銭を貸し付けることを業とする者。また、その店。江戸時代の重要な庶民金融機関。中世には土倉(どそう)と呼んだ。質店。

    続きを読む
  5. 大事なものを預けて現金を借りられ、手放さなくてもいい、そんなシステム知っていますか?

    大事なものを預けて現金を借りられ手放さなくてもいいそんなシステム知っていますか?ずっと昔からあって 蔵の中で保管してくれる安心と信頼の質預かりシステムです!お品物を査定させていただき 見合った金額をご融資いたします pic.twitter.com/W2HRJcB4eL...

    続きを読む
  6. 質屋は【土倉】ど‐そう〔‐サウ〕と呼ばれていました。

    ど‐そう〔‐サウ〕【土倉】中世の金融業者。現在の質屋にあたるもので、質物保管のための土蔵を建てていたのでこの名がある。鎌倉時代より発生し、室町時代に京都・奈良で発展、幕府は土倉役を課して大きな財源とした。

    続きを読む
  7. 『質預け』の貸付の期限は3ヶ月、延長はできるのでしょうか?

    『質預け』の貸付の期限は3ヶ月この期限内に貸付額と質料(利息)を払えば品物をお返しします。

    続きを読む
  8. 預けた品物の値打ちの範囲内でお金を借りる事ができます。

    預けた品物の値打ちの範囲内でお金を借りる事ができます。今すぐお金が欲しいけど、カードローンには抵抗がある。手放したくないものばかりだからモノを売って換金するのは嫌だ。そんな時こそ質屋ならではの『質預け』を利用してみて下さい。

    続きを読む
  9. 質屋をつかう一番のポイントはモノの売らなくてもお金を借りてあとから取り戻すことができるってこと!

    質屋をつかう一番のポイントはモノの売らなくてもお金を借りてあとから取り戻すことができるってこと!質屋をつかう一番のポイントはモノの売らなくてもお金を借りてあとから取り戻すことができるってこと!もちろんその場で高値で買ってもらえることだってできるよ!...

    続きを読む

商品一覧

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る