hiromichiの記事一覧

  1. なるほど|所有から利用へ モノに対する日本人の価値観が変化した

     新製品にとびつき、すでに所有しているものでもどんどん買い換える。日本人が従来持っていた所有のあり方に変化が訪れている。経営コンサルタントの大前研一氏が、即時買い取りアプリなどに象徴される、価値観の変化について解説する。

    続きを読む
  2. 【質屋さんの2つの利用方法】品物を預ける、品物を買い取る

    質屋さんの2つの利用方法品物を預ける(品物は手放さずにお金を借りる)お預けいただく商品を鑑定・査定させていただき、お金をご融資します品物は大切にお預かりさせていただき、期限内に質料と元金をお支払いいただければ、いつでもお品物はお客様にお渡しいたします。

    続きを読む
  3. 日本の質屋の歴史

    広辞苑で質屋を引くとしち‐や【質屋】質物(しちもつ)を担保として質入主に金銭を貸し付けることを業とする者。また、その店。江戸時代の重要な庶民金融機関。中世には土倉(どそう)と呼んだ。質店。

    続きを読む
  4. 質屋をつかう一番のポイントはモノの売らなくてもお金を借りてあとから取り戻すことができるってこと!

    質屋をつかう一番のポイントはモノの売らなくてもお金を借りてあとから取り戻すことができるってこと!質屋をつかう一番のポイントはモノの売らなくてもお金を借りてあとから取り戻すことができるってこと!もちろんその場で高値で買ってもらえることだってできるよ!...

    続きを読む
  5. 預けた品物の値打ちの範囲内でお金を借りる事ができます。

    預けた品物の値打ちの範囲内でお金を借りる事ができます。今すぐお金が欲しいけど、カードローンには抵抗がある。手放したくないものばかりだからモノを売って換金するのは嫌だ。そんな時こそ質屋ならではの『質預け』を利用してみて下さい。

    続きを読む
  6. 七つ屋とは・・・質屋のこと

    《「七(しち)」が「質(しち)」と同音であるところから》質屋のこと。「年の暮れに―の蔵へ行くことなどを」『七つ屋 志のぶの宝石匣』(ななつや しのぶのほうせきばこ)は、二ノ宮知子による日本の漫画作品。

    続きを読む
  7. 江戸の循環型社会が質屋を生んだ その3

    つまり、日本は資源国でないにも関わらず。鎖国状態で外国から資源を買うことができなかったために、江戸時代に高度な循環型社会が発達したといえよう。

    続きを読む
  8. 江戸の循環型社会が質屋を生んだ その2

    一反の布地をまったく端切れを出さずに着物に縫い合わされる。洗い張りのたびに糸をほどいて布地に戻しは縫い合わせる。柔らかくなったところでオムツにし、さらにくたくたになったら雑巾にし、使えないほどボロボロになったら、焼いて灰を飼料として売る。

    続きを読む
  9. 江戸の循環型社会が質屋を生んだ その1

    江戸の循環型社会が質屋を生んだ質屋のルーツは貨幣経済が発達した鎌倉時代に始まり、貨幣経済が全国に行き渡った江戸時代には現在の近い形になったといわれている。自国に資源のない国は、外国から買ってくるか、なしで済ませるという選択肢しか存在しない。

    続きを読む

商品一覧

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る