hiromichiの記事一覧

  1. 七つ屋とは・・・質屋のこと

    《「七(しち)」が「質(しち)」と同音であるところから》質屋のこと。「年の暮れに―の蔵へ行くことなどを」『七つ屋 志のぶの宝石匣』(ななつや しのぶのほうせきばこ)は、二ノ宮知子による日本の漫画作品。

    続きを読む
  2. 江戸の循環型社会が質屋を生んだ その3

    つまり、日本は資源国でないにも関わらず。鎖国状態で外国から資源を買うことができなかったために、江戸時代に高度な循環型社会が発達したといえよう。

    続きを読む
  3. 江戸の循環型社会が質屋を生んだ その2

    一反の布地をまったく端切れを出さずに着物に縫い合わされる。洗い張りのたびに糸をほどいて布地に戻しは縫い合わせる。柔らかくなったところでオムツにし、さらにくたくたになったら雑巾にし、使えないほどボロボロになったら、焼いて灰を飼料として売る。

    続きを読む
  4. 江戸の循環型社会が質屋を生んだ その1

    江戸の循環型社会が質屋を生んだ質屋のルーツは貨幣経済が発達した鎌倉時代に始まり、貨幣経済が全国に行き渡った江戸時代には現在の近い形になったといわれている。自国に資源のない国は、外国から買ってくるか、なしで済ませるという選択肢しか存在しない。

    続きを読む
  5. 不審な電話にご注意ください!警察相談専用電話 #9110 (全国共通)

    大規模な自然災害が発生した後には、災害に便乗した義援金・寄付金などをかたった詐欺が発生したり、また、「マイナンバー制度」や「オリンピックの開催」「電子マネー」など、新たな政策・制度やその時々の社会の出来事に便乗した特殊詐欺等の被害が多く発生しています。

    続きを読む
  6. 矢野質店 iタウンページがOPENしました。

    矢野質店 iタウンページがOPENしました。https://itp.ne.jp/info/387232046400000899/矢野質店 iタウンページがOPENしました。

    続きを読む
  7. 坂本龍馬の生まれた坂本家は、質屋などを営んでいた当時の豪商“才谷家”が郷士株という権利を手に入れて起こした分家でした。

    坂本龍馬の生まれた坂本家は、質屋などを営んでいた当時の豪商“才谷家”が郷士株という権利を手に入れて起こした分家でした。そうした成り立ちもあり、龍馬は郷士(武士)でありながら、非常に優れた金銭感覚を持ち、お金の意味を良く分かっていたと言われています。

    続きを読む
  8. 矢野質店 は全国質屋組合連合会 加盟店

    松山市駅から徒歩1分の質屋|矢野質店 リニューアルOPEN!創業86周年の安心システム質屋さんは品物を担保にお金を貸してくれるんだよだから大切な物を手放さなくてもお金を借りられるんだ。しかもその品物は蔵で保管してもらえるから安心だね。

    続きを読む
  9. なるほど|所有から利用へ モノに対する日本人の価値観が変化した

     新製品にとびつき、すでに所有しているものでもどんどん買い換える。日本人が従来持っていた所有のあり方に変化が訪れている。経営コンサルタントの大前研一氏が、即時買い取りアプリなどに象徴される、価値観の変化について解説する。

    続きを読む

商品一覧

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る